ブログ

オールジャパンの今後の活動について

ウェブサイトの更新に大きな空白が生じてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
10月8日の総決起集会成功後、10月末に軽井沢友愛山荘において、鳩山友紀夫元首相、原中勝征氏、山田正彦氏、伊藤真氏などご出席の下で、泊りがけのブレインストーミングを開催し、また、その後も11月28日、12月13日に賛同者・顧問・運営委員会議を開催し、今後の活動について協議を重ねて参りました。
これらの論議を踏まえまして、オールジャパン平和と共生の活動を、今後、活発化させて参ります。
今後は、本ウェブサイトを通じまして、以下の3点について積極的に情報を提供して参る予定です。

1.各種市民運動グループとの連携強化
 オールジャパン平和と共生は、平和と共生の政治を実現するために、原発、憲法、TPP、基地、格差の5大問題における主権者の連帯を強めてゆくことを目指します。
 ただし、2016年参院選に向けては、「安倍政治を許さない!」の旗の下に「小異を残して大同につく」対応によって結集を図る必要があり、基本方向を共有できる各種市民運動グループとの連携を強化してゆく必要があります。この判断の上に、各種市民グループが主宰するイベント等に、積極的な参加、行動を、オールジャパン平和と共生賛同者に呼びかけて参ります。そのための情報をウェブサイト上に公開して参ります。

2.2016年参院選に向けての情報共有
 2016年参院選に向けて、「安倍政治を許さない!」ためには、とりわけ32の1人区選挙区で、自公候補に対峙する候補者を一本化することが重要になります。この1人区を含めて、各選挙区、比例代表選挙への立候補予定者の情報を広く収集し、5大問題に対する公約を公開質問状等の方法で確認、公表することも検討しております。ウェブサイトを通じて、みなさまに情報の提供をお願いいたしたく、今後、具体的な方法を提示させていただきます。

3.2016年3月18日大規模集会開催決定と集会成功に向けての取り組み
 2016年夏の参院選に向けて、平和と共生の政治実現を目指す政治勢力が国会議席を1議席でも多く獲得するために、主権者の連帯と、選挙立候補予定者および各種政治勢力への働きかけを強化してゆく必要があります。その連帯確立と、参院選に向けての主権者運動拡大のために、2016年3月18日(金)午後6時30分より、文京区所在の文京シビック大ホール(1802名収容)において、大規模総決起集会を開催することを決定いたしました。この総決起集会成功に向けて、各種活動を積み上げるとともに、各種の情報提供を拡充させる方針です。

今後、プラットフォームである本ウェブサイトを基軸に、さまざまな情報を積極的に発信して参りますので、引き続き積極的な行動参画をお願い申し上げます。

  • オールジャパンの今後の活動について はコメントを受け付けていません。
  • お知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

AJPaC LOGO

ajpc_ロゴ

All JAPAN SNS




ページ上部へ戻る